aflのお菓子 コンセプト
〜日本の果物と、作る
HOME MADEな温もり宿す、自然派菓子〜

私たちのお菓子作り

2006年からマクロビオティックやビオに基づいたレシピで焼き菓子、洋菓子を製造してきました。
私たちは、子供のころ母親が手作りする洋菓子を食べる機会に恵まれていました。
HOME MADEのお菓子の楽しさ、美味しさを幼少のころから親しめたことは、私たちのお菓子作りの少なからず影響を与えているように思います。

翻って現代。誰しもが多忙を極める現代社会においては、材料も道具もそしてレシピもあふれているのに、家でお菓子を作ることがどんどん難しくなってきています。

私たちの製造するお菓子は、市販のお菓子といろいろな面で違う点があるのですが、それは食べる人のことを考えて、素材を選び丁寧に手作りするお菓子を、多忙な現代の家庭人の代わりを担って製造しているということなんだと思います。


「素朴/洗練」意匠と風味について

オーガニックや国産の素朴な原材料を使いながら、既視感のないお菓子作りを心がけています。
有名店のレシピの焼き直しや素材のアップグレードではなく、私たち独自の意匠の追求や素材との出会いによる新しい組み合わせでユニークなお菓子を作り出したいと考え、年に数品の新作をリリースしています。
これらの新作は、自己満足ではなくお求めいただく方にご満足いただけるように、素材の選定、素材の組み合わせ、製造方法を工夫し、ただ甘いだけではない、気持ちがはなやぐ、そして豊かな風味を感じていただけるお菓子作りを心がけています。
厳選した素朴な原材料を組み合わせ、時間と技術で焼き上げる洗練されたお菓子づくり。私たちの基本理念です。


「伝統/革新」動物性原材料不使用のお菓子作り

2006年に製造を開始して以来、一貫して動物性原材料を使わずに製造しています。 洋菓子に必須の材料である、卵や乳製品(バターやチーズ、生クリームや牛乳)、ゼラチン等を使わずにお菓子を作っています。
さまざまな食品アレルギーの方が増えていることや食の多様性としてヴィーガンやベジタリアンの方にも楽しんでいただけるお菓子です。
伝統的な洋菓子の世界に敬意を払いつつ、動物性原料を使わず、植物性の原材料で作る革新的なお菓子です。
また自然派を掲げるモノづくりの考えから、ベーキングパウダー(アルミニウムフリー)以外の一切の食品添加物は使用しておりません。


「簡潔/過剰」製造について

製造については受注生産方式です。考え方は簡潔で、厳選した高価な材料で作るため、食材のロスを出したくありません。
また保存料などを使用しないため作りおきの商品在庫を持ちません。また美味しさを考えて、冷凍の商品も用意しておりません。
仕込みと製造のスケジュールが決まっております。ご注文をいただいてからお届けまでお時間をいただくこともありますが、出来立て、焼き立てのお菓子を用意させていただきます。

一方で、製造前の仕込みには多大な時間がかかっています。全国の農家さんが育てた国産の果実を生で仕入れ、それをコンポート、コンフィチュール、セミドライなどに加工してお菓子の材料に使っています。
生の果物から加工するその工程には過剰といえるほどの時間を要します。1台の焼き菓子になるまでにこのような副材料から由比ヶ浜の工房で製造しています。
また使用する生の果物は国産で、最低でも減農薬栽培、できれば無農薬や有機栽培の果物を産地から直接仕入れ、使わせてもらっています。


「自然派/合理的」原材料について

私たちが使用する原料は国産の粉類を中心に、厳選されたものを使用しています。 北海道産、岩手山の小麦粉を中心に、宮城産の大麦粉を使っています。

ここ数年は国産の生の果実を仕入れ、その果物をコンポートやコンフィチュール、セミドライなどに加工して、副原料として使います。

甘味料は、メープルシュガー(白砂糖の20倍高価!)、メープルシロップ、アガベシロップ、甜菜糖、甘酒などの自然由来の甘味料を品目ごとに単独または組み合わせて使いますが、しっかりと甘いけれど、甘すぎることがないように絶妙なバランスを考慮しています。このような自然由来の甘味料を使うことで豊かな味覚を育む手伝いをしたいと考えています。低糖質や低カロリーをうたう人工甘味料などは決して使いません。

油脂については、非遺伝子組み換え(原料は外国産)の国産菜種油を中心に、有機パーム油だけを原料としたショートニングを使っています。
その他アーモンドやヘーゼルナッツ、クルミなどのナッツ類やプルーンやレーズンなどのドライフルーツは、外国製ですがすべて有機JAS認定品のみを使用しています。

共通して言えるのは、原料の製造段階で使用される食品添加物のキャリーオーバーがないシンプルな原材料を使っています。

ケーキ類も製造から3日〜7日程度と消費期限の設定ですが、これも保存料やビタミンCなどの食品添加物を使用していないからです。
これら自然派の原材料を使うことで、お召し上がりになる方の身体の負担を少しでも減らしたいということを考えています。
血糖値があがりにくい単糖類の甘味料、小麦グルテンの入っていない大麦や米粉などの使用、そして食品添加物による身体への負担が少ない合理的な素材であると考えています。


このような姿勢で、鎌倉の小さな工房で日々お菓子作りに励んでいます。
ご注文くださる方、そしてギフトでお届けする先様に喜んでいただけるように日々努めています。